3Dプリンターで軽トラキャンピングカーのコーナーカバーを作ってます。

2019年2月26日

どうもSです。

Kトラハウスの軽トラキャンピングシェルのコーナー部分には

樹脂製のコーナーカバーをつけています。

このコーナーカバーはどこにも売っていません。

なので、会社にある3Dプリンターで作っているのです。

3Dプリンターでコーナーカバーを作るといったことは、
個人や普通の工務店さん・大工さんには、なかなか出来ない仕事です。

中には簡単に作る人もいてますが・・・・・。

このようなオリジナル設計製作のコーナーカバーを付けることで、

個人の手作り品や他社の製品と差別化を図っています。

 

大手の会社さんなら、3Dプリンターを使えるかもしれませんが、

中小企業では、3D-CADや成形データーの作成が少し難しい。

ではなぜ、Kトラハウス(零細企業です)では3Dプリンターを簡単に使えるかというと、

これらの本の著者が関係者にいるのが理由なのです。

では(S)