ジャンボ仕様試作状況

2019年2月8日

軽トラキャンピングカー「Kトラハウス」のジャンボ仕様を試作してみました。

当初、アルミフレームを使用する予定でしたら、耐久性、コスト、重量など総合的に考え、スチールフレームに変更しました。

それでも総重量は150kg程度になるはずです。

 

本日は、スチールフレームが入荷しましたので、一気に組み立ててみました。

 

ドアの仕上げや防水処理はまだです。窓もはめていません。

室内長は、標準のKトラハウスより30cm程小さくなっています。

天井高さは2cm程低くなりました。

 

グレーに見えるのがスチールフレームです。

木材を残すことで、内装のDIYのしやすさは確保しています。

左右の中ユニットの開口(窓)は変更することも可能です。

防水処理が終わりましたら、ハイゼットジャンボに乗せた写真を公開する予定です。

 

このジャンボ仕様ですが、軽量化していますので移動販売車での利用も可能です。

標準のKトラハウスより少し狭いのですが、一人で切り盛りするにはちょうどよい広さです。

煮炊きが必要なキッチンカーはむずかしいかもしれませんが、カフェや物品販売なら十分使えます。

内装は、ご自身のアイデアでいかがでしょうか。

 

防水試験、高速走行試験がうまくいけば、春には販売開始する予定です。

当面は、完成品(内装無し)を工場渡しでスタートします。

見学も可能です。事前にメールかお電話をお願いします。

ご質問、ご要望などありましたら、HPの「お問い合わせ」から連絡ください(Y)