ハイゼットジャンボ仕様の床ユニットに寝転んでみました

2019年1月22日

軽トラキャンピングカーの「Kトラハウス」のジャンボ仕様を試作中です。

床ユニットができましたので、ちょっと寝転んでみました。

長手方向は約174cmです。

まずは身長164cmのSから。

 

少し窮屈かもしれませんが、足を伸ばして寝られそうです。

仲の良い小柄なご夫婦なら大丈夫そうですね。

次は身長173cmのYですが。

 

脚は伸ばせませんので、こんな感じになります。

いつも横を向いて寝ていますので、全然問題ありません。

どうしても脚を伸ばしたければ、

 

こういう手もあります。

対角線方向の内内寸法は217cmです。

 

ダイハツハイゼットのジャンボ仕様は、運転席に余裕があり、軽トラックに快適性を求める人には大人気です。

標準ボディに比べるとやや荷台の長さが短くなるので、車中泊にはちょっと・・・という方もおられるかもしれません。

軽トラックの制約の中で、何を残して何を捨てるか、究極の選択も面白さの一つです。

快適な寝心地を望むのであれば、軽トラキャンパーは選択から除外し、中型以上のキャンパーにした方がよいでしょう。

でも、

 取り扱いがし易い

 維持費が安い

 軽トラックとの脱着が可能

 自分でDIYできる

 そしてなにより価格が安い

というメリットを取るのであれば、軽トラキャンピングカー「Kトラハウス」は絶対お奨めです!

ちなみに標準仕様の室内長は204cmですので、ゆっくり脚を伸ばして寝られます。

 

このハイゼットジャンボ仕様は、移動販売車への転用も可能です。

そのため、標準のKトラハウスより軽量化を図っています。

近日中に、フレームの一部をアルミ製に変更した試作機を作ります。

 

展示会はしばらく開催予定がありませんが、興味のある方は大阪府にある大東工場にお越しください。

臨時休業もしていますので、事前に日時をご連絡をいただけるとありがたいです。

お待ちしていますね(Y)